ダンス借景「縄文かもしれない体操〜崎山貝塚縄文の森ミュージアム篇〜」

 

宮古市を訪れた二人の旅行客。勾玉作りができるときき、崎山貝塚縄文の森ミュージアムへやってきた。広場には竪穴式住居があり、弓矢体験や火おこし体験、さらにはプロジェクションマッピングも楽しめる、自然豊かなミュージアム。
しかしそこで働く職員は、タイムスリップしてきた縄文人…?!

 

ダンス借景「縄文かもしれない体操」

2018年度から宮古市民文化会館では崎山縄文の森ミュージアムと連携し、振付家と学芸員で「身体で学ぶ縄文」をテーマにした「学びとダンス」のプログラム、「縄文かもしれない体操」を開発しました。
ダンスの詳細はこちらからご確認いただけます。

 

 

アーティスト
中村蓉

早稲田大学在学時コンテンポラリーダンスを始める。ルーマニア・シビウ国際演劇祭、東アジア文化都市式典(韓国光州・横浜)など国内外で作品を上演。東京二期会オペラ『ジューリオ・チェーザレ』ドイツ・マインフランケン劇場製作オペラ『NIXON IN CHINA』ロックバンドsumikaMAGICMVなどの振付も担当。郷ひろみ「笑顔にカンパイ!」アブリル・ラヴィーン「Hello Kitty」MVにも出演。〈歌謡曲スイッチ〉と題し、八代亜紀「雨の慕情」など名曲の歌詞に登場する人物になり切って踊るダンスワークショップを各地で展開中。2018年三陸国際芸術祭オープニングにて『いずれ春永に-小説「鍬ヶ崎心中」を読みながら-』を上演。第1回セッションベスト賞(2012)横浜ダンスコレクションEX審査員賞(2013)第5回エルスール財団コンテンポラリーダンス部門新人賞(2016)など受賞。  

 

 

崎山貝塚縄文の森ミュージアム

崎山貝塚縄文の森ミュージアムは、国指定史跡崎山貝塚から出土した遺物や貝塚をはぎ取った地層の展示、プロジェクションマッピングなどを用いた映像展示のほか、火おこし・弓矢体験など縄文体験を行うことができる、考古系ミュージアムです。
詳細はこちらよりご確認ください。

開館時間 9:00〜17:00(最終入館16:30/月曜・月末休館)
場所 〒027-0097
岩手県宮古市崎山第1地割16番地1 崎山貝塚縄文の森公園複合施設内
電話番号 0193-65-7526
アクセス

・JR宮古駅から車で13分
・岩手県北バス 小本・崎山方面行『崎山貝塚前』バス停下車徒歩5分

 


主催:特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター
協力:崎山貝塚縄文の森ミュージアム
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術振興会