第12回みやこ郷土芸能祭 映像公開



2021年3月14日に開催された「第12回みやこ郷土芸能祭」
新型コロナウイルス感染拡大防止の為、例年より規模を縮小しての開催となりました。
勇壮で美しい舞をぜひ映像でもお楽しみください。

また、宮古市民文化会館では『+ONLINEシアター』で過去の事業映像を公開しています。
演劇やダンスなどの映像がありますので、ぜひこちらもご覧ください!
+ONLINEシアターはこちら→ https://iwate-arts-miyako.jp/topic_mb/p_online_theater/


出演団体



■黒森神楽(黒森神楽保存会)
正月になると黒森神社の神霊を移した「権現様」(獅子頭)を携えて、陸中沿岸の集落を廻り、家々の庭先で権現舞を舞って悪魔祓いや火伏せの祈祷を行う。夜は宿となった民家の座敷に神楽幕を張り夜神楽を演じて、五穀豊穣・大漁成就や天下泰平などの祈祷の舞によって人々を楽しませ祝福をもたらしている。この巡行は旧盛岡藩の沿岸部を、宮古市山口から久慈市まで北上する「北廻り」と釜石市まで南下する「南廻り」に隔年で廻村し、近世初期からその範囲は変わっていない。こうした広範囲で長期にわたる巡行を行う神楽は、全国的にも類例がなく、貴重な習俗が現在も継続されていることから、2006(平成18)年3月に国の重要無形民俗文化財に指定された。



■津軽石さんさ踊り(津軽石さんさ踊り保存会)
海産物を商った五十集衆が寛永年間(1624-43)に盛岡のさんさ踊りを習い覚えて伝わったとされている。寛政年間(1789-1800)の頃より本格的に踊られ、大正時代に舘下万太が津軽石新町に伝えてますます盛んになり、現在の形態になった。毎年、盆の16日に津軽石稲荷神社祭典で奉納し、みやこ秋祭りにも船山車「虎一丸」と共に参加している。現在では、保育所、小・中学校でも積極的に指導に取り組み、「盛岡さんさ踊り」に参加するなど精力的に活動している。津軽石地区は東日本大震災、2019年台風19号で大きな被害があったが、追悼と感謝の意を込めて数多くの行事に出演している。


■南川目さんさ踊り(南川目さんさ踊り保存会) 
明治20年(1887)ごろ川井村岡村地区から嫁いだ方が「川井さんさ」を伝えたのが始まりとされる。踊り手は花笠をかぶり、色柄袖にタスキをかけ、帯に色違いのシゴキを垂らす。太鼓の叩き手は、独特の足さばきで活発に跳ねる。「キタコラサッサー」のかけ声とともに始まり、素朴で力強く躍動感ある踊りで、五穀豊穣や家内安全を祈りながら踊り伝えてきた。毎年9月の横山八幡宮例大祭では神輿の御供をして商店街で門打ちをし、花輪中学校での伝承活動にも取り組んでいる。


■花輪鹿子踊り(花輪鹿子踊り保存会)
根城館に居を構えた閉伊 頼基(へい よりもと)の家臣、花輪次郎なる者が芸を好んで旅をし、越後から習い覚えたのが始まりと言われる。寛永8年(1631)には、花輪殿様で知られる南部29代重信(しげのぶ)公が、花輪より盛岡に召される時の御供につき、盛岡城の御前で披露して南部家の九曜紋と向鶴の紋の使用を許されたといわれている。毎年、4月の華森神社例大祭で奉納し、盆の15日には花輪伝承館で鹿子踊りを披露して祖先を供養している。


主催:宮古市郷土芸能団体連絡協議会
   特定非営利活動法人いわてアートサポートセンター(宮古市民文化会館指定管理)
共催:宮古市、宮古市教育委員会
助成:文化庁文化芸術振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
映像:井田裕基
企画制作:宮古市民文化会館(令和2年度芸術文化事業|芸能Re;Connect)