プロデュース公演『岬のマヨイガ』

2021年2月6日-3月21日

東日本大震災から10年目となる2021年、震災後の岩手県沿岸を舞台に、人のつながりと心の再生を描いた日常ファンタジーを岩手から創造発信します

岩手県出身の児童文学作家柏葉幸子が震災をテーマに遠野の伝承を取り入れ描いた野間児童文芸賞受賞作品を、岩手ゆかりの演出家で日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞の詩森ろばが脚本・演出。
演劇ではとうてい不可能と思われていたこの原作を国際的に活躍する人形師沢則行が、人形デザインと操演で参加することで実現します。メインキャストには、2019年文化庁長官賞を受けた国民的女優竹下景子、第45回紀伊國屋演劇賞個人賞受賞の栗田桃子、小劇場を中心に幅広く活躍中の井上向日葵を迎え、その他多彩なキャストと、讀賣演劇大賞優秀スタッフ賞で注目を浴びる鈴木光介によるオリジナル音楽を生演奏でお送りします。


▼各公演情報▼新型コロナ感染症対策について▼キャスト▼スタッフ

公演情報

岩手県沿岸の街、狐崎。
震災の日、そこに居合わせた父母を交通事故で喪い話せなくなった少女”ひより”と、夫の暴力に耐えかね東京から逃れてきた”ゆい”。
ふたりに手を差し伸べたのは、「ひとでないもの」と話すことができる不思議なおばあさん
岬に立つ古い家(マヨイガ)で、三人は、家族のように寄り添い始めた-。

宮古公演
日時 2021年2月6日(土) 開演14:00 開場13:30 *受付開始開演60分前
場所 宮古市民文化会館大ホール
料金(全席指定) 【全席指定】
一般 3,500円 U18 1,500円
*当日500円増
*未就学児入場不可
*U18は入場時に学生証または年齢証明書要提示
プレイガイド 【一般発売:12月17日】
宮古市民文化会館/リラパークこなり/マリンコープDORA/かんの書店本店/宮古市役所職員生協/もりおか町家物語館
ローソンチケット(Lコード:21412)
インターネット予約
予約・お問合せ 宮古市民文化会館
TEL:0193-63-2511(月曜休館/9:00〜17:00)
盛岡公演
日時 2021年2月9日(火) 開演19:00 開場18:30 *受付開始開演60分前
場所 盛岡劇場メインホール
(盛岡市松尾町3-1)
料金 【全席指定】
(前売)一階席 4,000円 二階席 3,000円
(学生シート)2,000円 *二階席・数枚限定・前売のみ
(当日)一階席 4,500円 二階席 3,500円
*学生シートは入場時に学生証または年齢証明書要提示
プレイガイド 【一般発売:12月17日】
カワトクプレイガイド/フェザン/もりおか町家物語館/風のスタジオ/cygアートギャラリー
ローソンチケット(Lコード:21412)
インターネット予約
予約・お問合せ NPO法人いわてアートサポートセンター
TEL:019-656-8145(平日10:00〜18:00)
二戸公演
日時 2021年2月11日(木) 開演14:00 開場13:30 *受付開始開演60分前
場所 二戸市民文化会館大ホール
(二戸市石切所字狼穴1-1)
料金 【一般発売:12月17日】
(前売)一般 3,000円 高校生以下 1,500円
(当日)一般 3,500円 高校生以下 2,000円
プレイガイド [ 二戸市 ] 二戸市民文化会館/プレイガイドニコア
[ 一戸町 ] 一戸町コミュニティセンター
[ 軽米町 ] たけさわストア
[ 九戸村 ] まさざね館
お問合せ 二戸市民文化会館
TEL:0195-23-7111
主催 二戸市民文化会館 指定管理者(株)東北共立
久慈公演
日時 2021年2月13日(土) 開演14:00 開場13:30
場所 久慈市文化会館大ホール
(久慈市川崎町17番1号)
料金 【一般発売:12月19日】
(前売・当日共通)
S席 3,500円
A席 2,500円
2階席 1,500円
*友の会会員 各500円割引
*高校生以下 各500円割引(併用可)
プレイガイド 久慈市文化会館(アンバーホール)
ローソンチケット(Lコード:22206)
お問合せ 久慈市文化会館(アンバーホール)
TEL:0194-52-2700
主催 久慈市教育委員会
東京公演
日時 2021年3月
17日(水)19:00
18日(木)14:00
19日(金)19:00
20日(土)14:00/19:00
21日(日)14:00
*開演60分前受付開始、30分前開場
場所 東京芸術劇場シアターウェスト
(東京都豊島区西池袋1-8-1)
料金
【一般発売:2021年1月30日(土) 2月17日(水)
一般5,000円
高校生以下 1,000円(東京芸術劇場ボックスオフィスのみ取扱/枚数限定・要証明書)
*未就学児入場不可
プレイガイド 東京芸術劇場ボックスオフィス
 0570-010-296(休館日を除く10:00~19:00)
チケットぴあ(Pコード:504524)
ローソンチケット(Lコード:34456)
イープラス
お問合せ 東京芸術劇場ボックスオフィス
TEL:0570-010-296
託児サービスのご案内

[ 有料・予約制 ]
お申し込み:株式会社ミラクス ミラクスシッター
0120-415-306(平日9:00~17:00)

ご来場のお客様へお願い(新型コロナウイルス感染症防止対策について)

●施設内では必ずマスクをご着用ください。
●検温・手指の消毒にご協力ください。
●発熱、風邪のような症状のある方、体調に不安のある方はご来場をお控えください。
●新型コロナウイルス感染症や濃厚接触者として認定されている方、37.5度以上または平熱より1度以上高い発熱のある方、倦怠感や味覚嗅覚異常がある方は入場をお断りさせていただきます。(その際にはチケット代金は返金いたします)
●来場者の氏名・連絡先等をチケット 裏面の指定部分にご記入ください。公演にて感染者が確認された場合、お客様情報を保健所等に提供する場合がございます。
●出演者へのご面会、祝花やプレゼント等のお預かりはできかねますのでご遠慮ください。
●客席の配置など、国や自治体の新型コロナ感染防止対策ガイドラインに添って本公演を開催いたします。

キャスト


竹下景子

栗田桃子
(文学座)

井上向日葵

坂元貞美

嶋村太一 森下亮
(クロムモリブデン)
藤尾勘太郎
大谷優衣
(演劇集団円)
岡野桃子 輝蕗  
塚田次実 山内庸平  

出演を予定していた田島亮さんは体調不良により出演できなくなりました。

スタッフ
原作:柏葉幸子
(講談社刊「岬のマヨイガ」)
岩手県生まれ、盛岡市在住。1974年大学在学中に「霧のむこうのふしぎな町」が講談社児童文学新人賞、日本児童文学者協会新人賞を受賞。以来、数多くの児童文学小説を執筆し、産経児童出版文化賞、小学館児童出版文化賞などを受賞。2016年「岬のマヨイガ」にて野間児童文芸賞受賞。
脚本・演出 詩森ろば
(serial number)
宮城県仙台市生まれ。三歳から盛岡第一高等学校卒業まで岩手県盛岡市で過ごす。1993年、劇団風琴工房旗揚げ。2018年より屋号を「serial number」に改める。2016年紀伊國屋演劇賞個人賞受賞。2017年芸術選奨文部科学大臣賞新人賞受賞。2019年映画「新聞記者」にて日本アカデミー賞優秀脚本賞受賞。
人形デザイン・操演指導:沢則行

北海道小樽市出身。1991年にフランス、1992年に文化庁在外研修派遣でチェコへ。以後プラハを拠点に世界20ヵ国以上で公演、ワークショップを行う。ヨーロッパ文化賞「フランツ・カフカ・メダル」授与、EU文化都市賞など、国際的受賞多数。東京2020大会の公式文化プログラム「東京2020NIPONフェスティバル〜巨大人形プロジェクト『モッコ』」の人形デザイン設計及び人形製作操演総指揮を担う。

音楽・演奏:鈴木光介 音楽家。茨城県生まれ。2000年より劇団「時々自動」に参加、以降の本公演全てに出演、作曲・演奏・ダンス・パフォーマそのほか諸々を担当。2012年頃より外部舞台音楽等も手掛ける。近年の主な音楽監督作品には、流山児★事務所『コタン虐殺』(20)、ケムリ研究室『ペイジルタウンの女神』(20)など。第27回読売演劇大賞優秀スタッフ賞を受賞。

照明:榊美香(有限会社アイズ)
音響:青木タクヘイ(STAGE OFFICE)
舞台監督:小林岳郎(流山児★事務所)
衣装プラン:詩森ろば
衣装:加藤千晶
演出助手:内河啓介
宣伝美術:藤尾勘太郎
宣伝写真:坂功樹
人形撮影:松本伸
方言指導:志賀政信
制作・企画製作:NPO法人いわてアートサポートセンター・宮古市民文化会館

 


主催:宮古市、宮古市教育委員会、NPO法人いわてアートサポートセンター(二戸公演・久慈公演は上記記載の通り)
共催:岩手日報、IBC岩手放送、公益財団法人東京都歴史文化財団 東京芸術劇場(東京公演)
助成:一般財団法人地域創造、文化庁芸術文化振興費補助金(劇場・音楽堂等機能強化推進事業)独立行政法人日本芸術文化振興会
特別協賛:いわて文化支援プロジェクト(真如苑)
協力:アイ・バーグマン、イマジネイション、円企画、キューブ、ジェイ.クリップ/リベルタ、文学座、serial number(五十音順)